各ステージに応じた最適ながんの放射線治療を徹底研究!

がんの放射線治療あんしんガイド » トモセラピー | 放射線治療のすべて

トモセラピー | 放射線治療のすべて

ここでは放射線治療で使用されるトモセラピーの特徴や治療適用範囲、費用などについて紹介しています。

  領域照射 長体軸照射 定位照射 複数定位 IMRT
トモセラピー
サイバーナイフ × ×
VERO - -
ガンマナイフ - - -
陽子線治療 ×
重粒子線治療 × ×

あらゆる方向から照射でき様々ながん治療に対応

放射線治療装置:トモセラピートモセラピーは2003年にアメリカで開発された360度あらゆる方向からピンポイントで放射線を照射することができる放射線治療装置です。

ヘリカルCTの原理を応用することで、らせん状に回転する線源から照射し、複数箇所を一度に治療することができます。

全身転移、進行がん、多発性肺がんなど従来の放射線治療では難しいとされてきたケースにも対応できるのが特徴です。

こうした照射技術は強度変調放射線治療(IMRT)と呼ばれており、トモセラピーの場合は画像誘導放射線治療(IGRT)と組み合わせてX線照射の直前にCT撮影をして照射位置を自動修正する仕組みになっています。

また他の放射線治療装置にない高いエネルギーのX線を使用したCT画像を得ることができ、歯の治療や人工関節などの体内金属に影響されることなく病巣を狙いうちできる点も注目できます。

手術をすることなくピンポイントで治療を行うので、放射線による正常組織の障害を低減できるという点はサイバーナイフとも共通しますがそれだけではありません。集中照射だけでなく広範囲な照射まで可能なので、サイバーナイフを使うよりもさらに多くのがんに対応でき、ステージ4でも自由診療ならがんの個数に関係なく根治を目指せるのです。

トモセラピーによるがん治療の特徴

通常、がん治療といえば抗がん剤や手術などが一般的です。これらは治療が長引くことが多く、患者の体にも大きく負担をかけてしまうことが問題とされてきました。トモセラピーは負担がかなり少ない治療法。CTスキャンをとってから治療を行いますが、患部にピンポイントで放射線を当てるため痛みや出血などの心配はありません。360℃どんな角度からでも治療が行えるため、どんながん細胞であっても、治療が行いにくいということがないのです。

また、複数のがんを同時に治療することができるので治療期間が長引きません。治療時間も1回につき5分から20分程度なので、つらくて痛い治療と戦う必要もありません。

トモセラピーによるがん治療の特徴トモセラピーによるがん治療の特徴
画像引用元:宇治田病院
http://www.takedahp.or.jp/uji/tomotherapy/

治療適用範囲

頭蓋内腫瘍、頭頚部がん、前立腺がん、骨腫瘍、肺がん、食道がん、乳がん、肝がん、腎細胞がん、子宮がん、膀胱がん、その他ガンマナイフ適応のない原発性脳腫瘍、単発性脳転移の根治的適応

トモセラピーによる放射線治療の費用

トモセラピー治療は、トータルで200万円ほどの費用がかかります。とても高額に思えますが、場合によっては手術や抗がん剤治療を選択したほうが高額になるケースも。トモセラピーを行ったほうが安価に済ませられることもあります。

ただしトモセラピーは自由診療のところが多く、保険が効かない可能性もありますので必ず医師に聞くようにしましょう。保険が効く場合でも部位によって保険が適用されないこともあります。わからないことや不安なことがあったのなら、必ず医師に相談してから決めるようにしましょう。

トモセラピー治療の費用を詳しく見る→

トモセラピーの治療効果

従来の放射線治療では、がん細胞だけでなく周囲の正常な細胞にまでダメージを与えてしまいますし、大きくなったがん細胞など場合によっては治療しても効果がないことがあります。

トモセラピーは分子レベルで照射できるため、確実にがん細胞にのみダメージが与えられます。同時に薬剤も治療に使いますが、こちらも正常な細胞には影響を与えません。最近の研究では、原因遺伝子以外でがんになってしまう可能性も発見されています。もし、そのような状態で放射線治療を行ってしまうと、がん細胞は死なずに生き残ってしまったり、転移してしまったりする可能性があります。

そういったリスクを考えると、がん細胞にピンポイントで照射できるトモセラピーはとても有効な治療法でしょう。

トモセラピー治療の効果を詳しく見る→

トモセラピーの副作用

トモセラピーでの治療を検討する上で気になってくるのが副作用の問題です。がんの治療法の中には、吐き気や下痢、口内炎、貧血などの副作用がひどく、継続するのが困難になってしまうものもありますが、トモセラピーの場合はほとんど副作用がない治療法として知られています。

その他の治療法を実践していたものの、副作用の問題が大きくて続けられなかった…という方もトモセラピーを検討してみてはどうでしょうか。機器がとても高価であるため、日本ではまだまだ導入している病院が少ないといったデメリットがありますが、放射線治療最大のデメリットでもある副作用の問題を大きく抑えられる治療法として注目されています。

副作用のリスクが非常に小さいからこそトモセラピーを選択している方も多いようです。

トモセラピーの副作用を詳しく見る→

治療方法

定位放射線治療

強度変調放射線治療(IMRT)+画像誘導放射線治療(IGRT)

トモセラピーによる放射線治療が受けられる病院

トモセラピーによる放射線治療が受けられる病院

トモセラピー治療が受けられる病院は限られています。国内でもわずかで、場合によっては患者は県をまたがなければいけないこともあるでしょう。人口密度が多く設備の整っている東京でも少数の病院でしかトモセラピーを扱っていないという現状があります。

下の表は、2017年5月現在トモセラピー治療が受けられる病院・医療機関の一覧です。クリックできるところは当サイトの紹介ページに移動します。

北海道 北海道がんセンター
北海道大学病院
札幌医科大学病院
恵佑会札幌病院
市立札幌病院
北海道大野記念病院
社会医療法人北斗 北斗病院
旭川医科大学病院
市立函館病院
青森県 十和田市立中央病院
福島県 北福島医療センター
寿泉堂綜合病院
茨城県 水戸協同病院
群馬県 宇都宮セントラルクリニック
栃木県 日高病院
馬県 東京ベイ先端医療・幕張クリニック
東京都 医療法人社団愈光会クリニックC4
江戸川病院
苑田会放射線クリニック
国立がん研究センター中央病院
がん研究会有明病院
東京ミッドタウン先端医療研究所
ICVS東京クリニック
タカラクリニック
東京放射線クリニック
東京都立駒込病院
神奈川県 湘南鎌倉総合病院
川崎幸病院 放射線治療センター
福井県 福井県済生会病院
長野県 相澤病院
岐阜県 木沢記念病院
愛知県 名古屋第二赤十字病院
愛知県立がんセンター中央病院・研究所
一宮市立市民病院
三重県 鈴鹿中央総合病院
京都府 宇治武田病院
大阪府 野崎徳洲会病院
和歌山県 和歌山県立医科大学
香川県 滝宮総合病院
福岡県 古賀病院21
社会医療法人共愛会戸畑共立病院

 

東京から通院できる放射線治療の得意な医療機関リスト