各ステージに応じた最適ながんの放射線治療を徹底研究!

東京放射線クリニック

高精度放射線治療の専門クリニックである東京放射線クリニック。治療の特徴や評判、クリニック概要を紹介しています。

東京放射線クリニックで治療した方からの口コミ・評判

  • 56歳の時に乳がんを発見。大きいがんだったので増感剤を併用した放射線治療を受けました。
    大きく育ったがんや悪性黒色腫は放射線治療は効きにくいようですが、先生が増感剤の併用をしてくれたおかげで、乳房内の8cmの腫瘍が、14ヶ月後にはかなり小さくなりました。
  • 64歳の時に左腎と胃の間に大きな膵体部癌が見つかり、東京放射線治療クリニックさんで放射線治療を受けることにしました。
    左腎と胃にできるだけ放射線が照射されないようIMRTにて治療してくださったことで、膵体部の癌を無事なくすことができました。

副作用を最小限に抑える高精度放射線治療の専門クリニック

東京放射線クリニックは、IMRT(強度変調放射線治療)やSBRT(体幹部定位放射線治療)、増感剤を併用した放射線治療などを提供する、日本でも数少ない高精度放射線治療の専門クリニックの草分け的な存在です。

治療実績は平成20年4月の開院後、平成25年までに1,202件を数えるほど、多くの患者さんの治療に当たってきました。

さらに東京放射線クリニックでは、放射線治療の効果を最大限に引き出し、治療効果が格段に向上すると言われる放射線増感剤を併用した放射線治療を自由診療で受けることも可能だそうです。放射線増感剤を使うと、強い放射線増感作用をもたらし、様々ながんに有効な効果を発揮することからも、今後期待されている治療方法です。

クリニックの環境は内外とも瀟洒で開放感にあふれています。ゆったりと音楽が流れる待合室やマッサージチェアも用意された診察室など、患者さんがリラックスできる配慮がなされています。

東京放射線クリニックの専門医
柏原 賢一 医師
(院長)
【認定医】
  • 元日本放射線腫瘍学会会長
  • 元日本放射線科専門医会会長
  • 元日本医学放射線学会理事
  • 日本アイソトープ協会理事
  • 日本乳がん学会認定医
 
今堀 良夫 医師
【認定医】
  • 日本脳神経外科学会専門医
  • 日本核医学会専門医
 
 
放射線治療で使用する最新医療機器
  • 「強度変調放射線治療(IMRT)」
    放射線の照射量を自在にコントロールできるので、複雑な病巣への対応可能。正常な組織の損傷も抑えられるので副作用も軽減できます。
  • 「体幹部定位放射線治療(SBRT)」
    小さい照射範囲に集中するピンポイント照射のため、従来の放射線治療に比べて副作用が少なくスピード治療が可能です。
  • 「画像誘導放射線治療(IGRT)」
    IMRTやSBRTなどの高精度放射線治療を安全に行なうための画像誘導技術。

東京放射線クリニックの基本データ

初診・再診
受付時間
9:00~12:00、13:00~18:00
※原則予約制
休診日 土・日曜日、祝日
アクセス りんかい線 国際展示場駅よりパナソニックセンター連絡通路を通り徒歩約5分、ゆりかもめ 国際展示場正門駅から徒歩約5分
住所 東京都江東区有明3-5-7
駐車場
※TOCビル内に駐車場完備。補助券利用で3時間まで無料。

東京放射線クリニックは高精度放射線治療を受けたい方にオススメ

東京放射線クリニックでは、病変部へ放射線を集中的に照射する高精度照射線治療を行っています。副作用を抑えて最大限の治療を行えるので、打つ手なしといわれた方でも治療を進められることがあります。また、身体の負担を抑えられるので生活の質を向上することもできます。次々と出てくる転移がんを狙い撃つ東京放射線クリニック式新がん治療「モグラたたき療法」、大きながんにも治療効果を最大限発揮する「コータック療法」などに取り組んでいます。保険診療・自由診療とも対応しているので、自由診療を選択して1回の照射量を増やすなども可能です。身体への負担を減らしつつ質の高い放射線治療を受けたい方などにオススメです。

東京から通院できる放射線治療の得意な医療機関リスト