各ステージに応じた最適ながんの放射線治療を徹底研究!

川崎幸病院 放射線治療センター

川崎幸病院・放射線治療センターで治療した方からの口コミ・評判

  • 前立腺がんと診断され担当医師から放射線治療を勧められ紹介されました。心配していた痛みやかゆみも全く感じることなく、副作用で体調が悪くなることもありませんでした。照射で30回通院しましたがシャトルバスもあってスタッフの皆さんが親切なので安心して治療を受けることができました。
  • 直腸がんで手術後に抗がん剤治療を続けていましたが肝臓に転移が認められたため担当先生の勧めで川崎幸病院で放射線治療を受けることになりました。治療時間は5~10分で痛みもなく、抗がん剤との併用で副作用もありますが担当の先生が信頼できて希望が持てるので辛いとも思いません。

最新の放射線治療装置を導入し東大病院とも連携

川崎幸病院・放射線治療センターは最新の放射線治療装置(直線加速器)と医師、理学博士、看護師、放射線技師が連携したチーム医療により、がんの放射線治療を専門に行う医療機関です。

高精度治療装置として知られるエレクタ社のシナジーという最新の放射線治療装置を導入し、IMRT(強度変調放射線治療)やIGRT(画像誘導放射線治療)といった放射線を正確に照射する高度な技術を使った治療が可能です。

頭頸部腫瘍、乳がん、肺がん、食道がん、前立腺がん、転移性の骨腫瘍・脳腫瘍などの治療に対応しており、約4年間で500例以上の治療実績があります。

また東大病院との連携により専用のネットワーク回線で結ばれているため、放射線治療計画装置、治療情報、検証情報などが共有しているため、わざわざ遠くまで行かなくても大学病院と同じ環境で治療を受けることができるのも強みとなっています。

川崎幸病院・放射線治療センターの専門医
田中 良明 医師
(副院長)
【認定医】
  • 日本放射線腫瘍学会・日本医学放射線学会共同認定 放射線治療専門医
  • 日本ハイパーサーミア学会認定 ハイパーサーミア認定医・指導医師
  • 厚生省認定 臨床修練指導医
  • 科学技術庁 第1種放射線取扱主任者
 
 
加藤 大基 医師
(放射線治療センター副部長)
【認定医】
  • 日本医学放射線学会専門医
 
放射線治療で使用する最新医療機器
  • 「高精度治療装置 エレクタシナジー」
    治療ビームの照射精度が高く、正常組織への放射線照射線量を抑えながら腫瘍部分に集中照射するIMRTが可能。またCT装置が装填されているため画像情報でがん細胞の位置を確認しながら放射線を照射するIGRTにも対応しています。

川崎幸病院・放射線治療センターの基本データ

初診・再診
受付時間
9:00~17:00
休診日 土・日曜日、祝日
アクセス JR東海道本線・京浜東北線 川崎駅より徒歩10分。
※シャトルバス利用可能
住所 神奈川県川崎市幸区大宮町31-27
駐車場
※立体駐車場タワーを含み80台収容

川崎幸病院 放射線治療センターはIMRTを受けたい方にオススメ

川崎幸病院・放射線治療センターは、IMRTのVMAT法を採用している医療機関です。IMRT(強度変調放射線治療)は、ビーム内の放射線の強度や形状をがんの形にあわせて照射する照射技術です。がん細胞に放射線量を集中できるので副作用を抑えながら治療の効果を高めることが出来ます。VMATは身体の周りを回転させながら連続的に照射する技術です。最先端の治療装置を扱うのが放射線治療医・医学物理士などです。また、東大病院と専用のネットワーク回線で繋げて大学病院と同じ治療環境を整えています。最先端の放射線治療を受けたい方などにオススメです。

東京から通院できる放射線治療の得意な医療機関リスト