各ステージに応じた最適ながんの放射線治療を徹底研究!

国立がん研究センター中央病院

日本のがん研究・治療の拠点として先端的な医療提供をしている国立がん研究センター中央病院の放射線療法の評判や体制、医師、病院の情報をまとめました。

国立がん研究センター中央病院で治療した方からの口コミ・評判

  • 安心してお任せできる病院です。手術経験豊富な先生に担当してもらえ、入院中や退院後の定期検査検診での説明も丁寧。スタッフの方も親切だったので、不安を感じることはありませんでした。費用も高額医療補助と、入院特約保険などでまかなえたのでよかったです。
  • 説得力のある説明をしてくれたので、安心して治療できました。近所の病院で同じ検査や処置をしたときには、かなり痛みを感じましたが、この病院では痛みもなく、技術レベルの差を感じました。
    今は定期検診で通っていますが、待ち時間は長いですね。こればかりは患者さんが多いので致し方ないと思っています。

日本のがん研究・治療の草分け的な存在

国立がん研究センター中央病院の放射線科もまた、診断部と治療部に分かれています。放射線診断部の過去3年間の診療はCT・MRI・核医学検査で5万件を越える実績を持っています。

国内最大級、かつ欧米の最先端施設にも比肩する規模で先進的な診療を行なっているのも特徴で、放射線療法単独での治療以外に手術(術前・術中・術後)や薬物療法との併用により、治療効果を高め副作用を軽減する工夫を行っています。

治療ばかりでなく研究活動にも重点がおかれていて、院内のみでなく、多施設共同研究グループに参加し、臨床試験を行っていたり、放射線治療の質の向上や新たな装置開発に関する研究も盛んです。

特に乳がんや喉頭がんでは1回の放射線量を多くして、回数や治療期間を短くする臨床研究を実施していることでも知られています。

国立がん研究センター中央病院は信頼性の高い治療を受けたい方にオススメ

国立がん研究センター中央病院は、日本のがん診療のリーティングホスピタルとして世界基準のがん医療を提供している医療機関です。と同時に、臨床研究中核病院として次世代のがん医療に向けての研究も進めています。国立がん研究センター中央病院には、年間5万件以上の診療実績を誇る放射線診療科と年間2000件以上の診療実績を誇る放射線治療科などがあります。放射線治療は、病状に応じて単独する、手術と併用する、薬物療法と併用するなどしています。これらの工夫により、副作用を抑えながら治療の効果を高めています。日本国内で信頼性の高い最先端の治療を受けたい方などにオススメです。

東京から通院できる放射線治療の得意な医療機関リスト