各ステージに応じた最適ながんの放射線治療を徹底研究!

がんの放射線治療あんしんガイド » 重粒子線治療装置 | 放射線治療のすべて

重粒子線治療装置 | 放射線治療のすべて

ここでは放射線治療で使用される重粒子線治療装置の特徴や治療適用範囲、費用などについて紹介しています。

  領域照射 長体軸照射 定位照射 複数定位 IMRT
トモセラピー
サイバーナイフ × ×
VERO - -
ガンマナイフ - - -
陽子線治療 ×
重粒子線治療 × ×

がんの殺傷能力が高く病巣への狙いうちが可能

重粒子線治療装置とは加速器で重粒子(炭素イオン)線を光の速度の約70%まで加速して病巣に照射することでがんの治療を行う装置です。

従来の放射線治療で使われるX線やガンマ線の照射では身体の表面近くで放射線量が最大となり、その先は減少してしまいますが、重粒子線ではがん病巣で放射線量をピークにできるので確実にダメージを与えることができます。

また他の放射線治療と比較してがんを殺傷する能力が高いため、これまで治療効果が乏しいとされてきた悪性肉腫などの難治性のがんでも効果が期待できます。

狙いうち照射が可能なことから、正常細胞へのダメージは最小限に抑えつつ照射回数は少なくて済むので治療期間が短くなります。

副作用が少なく通院のみでがんの治療ができるため、高齢で体力が不安視される場合でも、身体への負担がかからないので安心です。

但し、いくら重粒子線治療が病巣のみに狙いうちできるとしても正常組織と接している場合は影響は出ますし、360度どの方向からも照射できる技術は重粒子線治療においては確立していません。

先進医療に認定されているとは言え治療費は決して安くはありませんので、どの程度効果が期待できるのか慎重に検討した上で治療を受けることをおすすめします。

治療適用範囲

脳腫瘍、頭頚部腫瘍、肺がん、肝がん、膵がん、子宮がん、前立腺がん、骨・軟部腫瘍など

※胃などの不規則に運動する臓器や全身に広がる白血病などの治療には不向きとされています。

費用

平成28年4月から一部の疾患が保険適用になりましたが、通常は先進医療にかかる費用として314万円が全額自己負担となります。先進医療による重粒子線治療は一般の保険診療と併用することが可能です。

治療方法

重粒子線治療

重粒子線治療装置による放射線治療が受けられる病院

※このサイトで紹介しているクリニックでの導入実績が確認できませんでした。重粒子線治療が受けられる病院は以下の通り

  • 群馬大学医学部附属病院 重粒子線医学研究センター
  • 放射線医学総合研究所 重粒子医科学センター
  • 神奈川県立がんセンター 重粒子線治療施設
東京から通院できる放射線治療の得意な医療機関リスト