各ステージに応じた最適ながんの放射線治療を徹底研究!

がんの放射線治療あんしんガイド » サイバーナイフ | 放射線治療のすべて

サイバーナイフ | 放射線治療のすべて

 ここでは放射線治療で使用されるサイバーナイフの特徴や治療適用範囲、費用などについて紹介しています。

  領域照射 長体軸照射 定位照射 複数定位 IMRT
トモセラピー
サイバーナイフ × ×
VERO - -
ガンマナイフ - - -
陽子線治療 ×
重粒子線治療 × ×

工業用ロボット技術を応用した高精度放射線治療装置

サイバーナイフは脳腫瘍の治療をX線で行うことを目的にアメリカのスタンフォード大学で開発された定位放射線治療装置です。

その後の機能の向上により、現在では脳・頭頚部だけでなく肺がんや肝臓がん、前立腺がんなど体幹部での治療も可能になりました。

工業用ロボットに小型リニアックを搭載した構成になっており、病巣に対して1200方向から高精度の放射線を照射することが可能なため、周囲の正常細胞への影響を抑えながらがんの治療できるのが特徴です。

高度な位置認識システムを搭載しているため治療中に患者が動いてしまっても1cm以内であれば追尾して照射点を補正したり、それ以上になると照射を中断するなどの制御ができる仕組みとなっています。

外科手術のように全身麻酔や切開といったことを行わないので入院の必要がなく、複数日に分割して照射することもできるので日常生活への影響も少なくて済みます。

また身体への負担が軽いため、高齢者や全身状態が悪くて手術が難しいといった場合でも治療ができるのがメリットです。

但し、どちらかというと小さな病巣を正確に照射することを目的としているため大きな病巣に対しての治療は不向きで、病巣が多数あると治療時間が長くなるという性質もあります。

治療適用範囲

頭蓋内疾患(良性・悪性脳腫瘍、脳動静脈奇形など)、頭頚部疾患(咽頭がん、鼻・副鼻腔腫瘍、舌がん、口腔底がん、歯肉がんなど)、体幹部疾患(肺がん、肝がん、脊髄動性静脈奇形など)、脊椎・脊髄疾患(転移性脊椎腫瘍、脊髄腫瘍など)

※頭蓋内疾患、頭頚部疾患は保険適用ですが、その他は一部適用または保険適用外のものもあるので要確認

費用

治療にかかる費用は64万円ですが、保険適用で3割負担の場合は約19万円になります。

治療方法

定位放射線治療

サイバーナイフによる放射線治療が受けられる病院

東京から通院できる放射線治療の得意な医療機関リスト